日々雑記

インフォメーション
ギルド
1st オリジナル無声映像作品
「人形劇ギルド」
2006.9.20 on sale
TFBQ-18066/¥2,500(tax in)
この商品を購入する
PV視聴
「ギルド」
※45秒視聴
PLAY
PLAy
リンク
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
 

近況

最近、あまり思ったことを書いていませんでした。

それには、色々と理由があるのですが。

一番大きい理由は、「書きたい」という欲求が出てこないということです。

私は、昔からマイノリティ意識が強いほうでしたので。
「せめて少数の方からは賛同を得たい」とか「自分の意見で正しいのかを確認したい」とか。
そのような気持ちが、割と強かったのですけれど。

最近は、あまりそういうことを思わなくなりました。

「自分が何を求めているのか」が、前よりはっきりしたおかげで。
「賛同を得たい」という気持ちが希薄になったのかもしれません。

マズローの欲求段階説
たまたま見かけたページ。
面白いですね、初めて知りました。

「自分が何を求めているか」を知るのは、難しいことだと思います。
時々、「周りが何を評価するか」と混同しそうになりますしね。

その分、「これかも」と思えたときの喜びは大きいものです。
そして、その心理状態が続いているときは、考えたことを文章にする必要がないようです。

他の理由として、ブログの弊害を前より強く意識するようになったということもあります。

これまでも、極力、周りの人は登場させないようにしてきたつもりだったのですけれど。
(自分のことをweb上で晒されたという嫌な経験があるので、これは肝に銘じています)
「ブログで解雇」というニュースなどを見てしまうと。
正直、そんなリスクを負ってまで書くメリットはないかな、と思ってみたり。

机に仕舞ってある鍵付日記ならともかく、web上に公開しているわけですからね。
周りのことを書くときは、書かれた相手がそれをどう読むかについて考えることが重要だと思います。

参考のため、私の経験。
・その人の相談に乗るのに費やした時間が膨大だった
・にもかかわらず、明らかに私と見られる人物の言動について、あれやこれや批判的に書かれていた
 (もっとも、書いた当人に批判する意図があったかどうかは明らかではない)
・そのページのURLを私の属するコミュニティの人々に教えてまわっていた
・反論したくとも、私にはその手段がない

基本的に自由に書いてくれてよいですけどね。
読んだときは、さすがにその場で崩れ落ちそうになりましたね。
(これを書くこと自体、ポリシーに反してますけど、まあ、この程度なら相殺して余りあるでしょう)

まあ、そんなこんなで。
書くとしても、展覧会やら読書やらの感想文ばかりになってしまいそうです。
[PR]
by milk-bisco | 2006-07-23 21:49 | 雑感

大したこと書いていない、単なる日記です(・c_・`) 。 馴れ合いに至らないコメント、大歓迎です。
by milk-bisco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<空>