日々雑記

インフォメーション
ギルド
1st オリジナル無声映像作品
「人形劇ギルド」
2006.9.20 on sale
TFBQ-18066/¥2,500(tax in)
この商品を購入する
PV視聴
「ギルド」
※45秒視聴
PLAY
PLAy
リンク
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
 

プライスコレクション展

「行けないな」と思っていたのに、いざ最終日となると諦めがつかなくて、
開館時刻に間に合うように、汗だくで自転車を走らせて、東京国立博物館へ。

『プライスコレクション-若冲と江戸絵画展』

開館したばかりの時間帯でも激混み。
目玉展示である伊藤若冲の作品の前は、長蛇の列。

展示会での出来事。

・こういう展覧会に来ている若者は、メガネ男子率高し。
よくよく観察すると、メガネ男子にも2種類あって、
本が大好き文系ひょろメガネ君(普通のジーンズに生地薄めのTシャツ)と、
こだわりあるぜ芸大系オサレメガネ君(派手なズボンや変わった帽子を着用)。

自分が興味がある分野に、自分が興味のある異性が多いって最高。
もちろん見ているだけですが。

・伊藤若冲の『紫陽花双鶏図』の前で小競り合いを目撃。
行列の進みが遅いので、一部始終が耳に入ってくる。

「そんなところに突っ立っていたら通行の邪魔になる」と主張する初老の男性(推定65歳)、
「ここに立って何が悪い、そっちがぶつかってきたんだろ」と主張する男の子(推定20歳)、
予期せぬ出来事におろおろしっぱなしの青年の連れらしき女の子(推定20歳)。

男の子は、完全に激昂してしまっていて、「とにかくぶつかってきたそちらが謝れ!」の一点張り。
初老の男性は、世間に揉まれてきた分余裕綽々、「では、ごめんなさい、でも、そちらも悪い」と、上から目線。
女の子は、横から力弱く、「謝ってもらったんだから、ね、ね」と、男の子のとりなしに必死。
(しかし、男側はそのとりなしを無視)

私の連れがこんな無様な真似をしたら、
その場で一発蹴りをかまして、置いて帰る。

他人事ながら、女の子のふがいなさに、内心いらいら。
もっとびしっとせい、びしっと。
(男の子の馬鹿さ加減はもはや論外)

・例によって例のごとく、忘れ物。
2,500円の図録を購入しようとお財布を見たら、1,000円しか入っていない。
諦めて帰りかけたときに、かばんの中に予備財布が入っていたことを思い出す。
「過去の自分、でかした」と思いつつ、予備財布をチェックすると、千円札が1枚。
「どこかに500円はないものか」とかばんの底をさらいまくったところ、500円玉が1枚。

ずぼらだと、たまによいことがありますな。

作品は、酒井抱一『十二ヶ月花鳥図』(これこれ)が素晴らしかったです。
見ているだけで桃源郷に運ばれる思い。
[PR]
by milk-bisco | 2006-08-29 18:10 | 美術

大したこと書いていない、単なる日記です(・c_・`) 。 馴れ合いに至らないコメント、大歓迎です。
by milk-bisco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<空>