日々雑記

インフォメーション
ギルド
1st オリジナル無声映像作品
「人形劇ギルド」
2006.9.20 on sale
TFBQ-18066/¥2,500(tax in)
この商品を購入する
PV視聴
「ギルド」
※45秒視聴
PLAY
PLAy
リンク
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
 

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ムーミンシリーズ

ずっと前から読みたいと思っていて読めずにいた本。

『楽しいムーミン一家』
『ムーミン谷の彗星』
『ムーミン谷の仲間たち』
『ムーミン谷の夏まつり』
『ムーミンパパ海へいく』
『ムーミン谷の十一月』

近くの図書館に寄ったとき、「お持ち下さい」と書いた箱に入っていました。
まさに神の計らい。

予想外の内容で、予想以上に面白く、すっかりはまり込んでしまいました。
最近私がよく考える「人間は自己の本質にしたがって生きるしかない」というテーマによくあった本です。
ちょっとびっくりするぐらい登場人物が好き勝手やっていて、またそれが普通に許されています。
超シビア、超リアル。

中でも、『ムーミン谷の仲間たち』という短編集がオススメ。
シリーズ物ですが、別々に読んでもまったく支障ありません。

私は、本当は、こういう本を読んで、あれこれ考えているのが一番幸せな人間なんだよなあ。
生きていくってことは思い通りにいかないものだなあ。

ムーミン以外に興味を持ったことが一つ。

『ムーミン谷の彗星』を訳しておられる下村隆一さんという方について。
『楽しいムーミン一家』を訳しておられる山室静さんの解説から転載。

“下村さんは、東京大学経済学部に学んで将来を嘱望される学生だったのに、不幸にもふしぎな熱病にかかって、声もつぶれ、足もよくきかない状態になって、ついに廃学されたのでした。
それでも不屈の魂の持主の彼は、いくらか病気がよくなると、神戸在住のスウェーデン人についてスウェーデン語の学習をはじめ、ずいぶん厄介なこの言葉をついにマスターして、スウェーデンの新聞に健気な日本人として大きく報道されるにいたったのです。
その後、スウェーデンの児童文学を日本に紹介したいと言われるので、私も少しくその翻訳の出版に力をお貸ししたこともあって、一度だけ東京に出て来られたときにお逢いしました。
歩行が困難な上に、言葉もひどく明瞭でないため、妹さんが介添について来られましたが、会話は多く筆談で補わなければなりませんでした。
そんな不自由なからだにもかかわらず、下村さんは随分の頑張り屋で、またスウェーデン語がよく出来、ヤンソンさんの本を二冊訳されたほかにも、かなり多くの作を出されました。
ところが、そんな活躍の真っ最中に、昭和44年11月、杖をついてひとりで散歩に出た際に、自動車にはねとばされて不慮の死をとげられたのです。”

調べてみると、『長くつ下のピッピ』も訳されていたようで、何となく思いを馳せてしまいました。
[PR]
by milk-bisco | 2006-11-19 01:48 | 読書

コリンズバッグ

ヴィンテージのムートンロングコートを購入。
買うまで知らなかったのですが、ムートンのクリーニング代はかなりお高いそう。
コートそのものよりお高いクリーニング代を出すのは馬鹿らしいので、自宅で地道にシャンプー&リンス。
ただ、なかなかにおいが抜けてくれません。

さて、ところで。

久々に鼻血を噴きそうなぐらい可愛い物を発見。
ぜひ女性の方に見ていただきたいので御紹介。

エニッドコリンズのバッグあれこれ。
Enid Collinds gallery
Enid Collins Handbags

やーもーどないせっちゅーねんってぐらい可愛い!
今すぐアメリカに買付けに行きたいぐらい可愛い!

でも、今の私にはちと高い…。
が、しかし、いつの日か必ず…。
[PR]
by milk-bisco | 2006-11-15 01:06 | お気に入り

近況

最近とみに思うこと、その1。

かつて本当に若かりし頃は、性格は環境に左右されると思っていましたけれど、
自分が考えている以上に、性格は遺伝に左右されるのではないでしょうか。

育った環境も時代も違うのに、父母と似ていると思う点が増えてきたもので。
久しぶりに話した同年代の友達も同意見で、ちょっと笑ってしまいました。

家族というのは不思議なものですね。

最近とみに思うこと、その2。

昔に比べて、個々人の選択が尊重されるようになった結果、得られるものも限られるようになったような気がするわけです。

・勉強・仕事
・恋愛・家庭
・恋愛・家庭以外の人間関係
・趣味・休息

「男性=仕事、女性=家庭」という図式が崩れかかっている現在、
仕事をしていれば、家庭もうまくいく、なんてことはそうそうないわけで。
(そうしたければ、それに向いた配偶者を得るしかないわけで)

何かを望んだら、その分別の何かが減っても、それは仕方ないことですね。
労力と時間が限られている以上、バランスをどうとるかは自分で考えないといけません。

個々人の選択が尊重されるというのは、自分は何を重視しているのかを分析しなければならないということでもあって、時々ちょっと面倒くさくなったりもします。

番外編。
最近ふと思ったこと。

さくっと就職をした同期の中には既婚者もちらほら。
久しぶりに話をした友人との間でも結婚どうするよ話が出始めるお年頃。

さて。
よく耳にする独身女性の言葉として、
(と言っても、ネットとか雑誌とかで目にするだけですけど)
・いいなと思った男性はだいたい既婚者
・よい男性から早く売れる
というものがありますね。

本当にそうかどうかを、知り合いで検証。
(普通に大卒で就職した場合のみを対象)

分析結果。

まず定義。
家庭的=それなりの経済力を有すること+早く年貢を納めてもよいと思っていること
非家庭的=上記2点のいずれかあるいは両方が欠けていること
押しが強い=割と自分が引っ張るタイプ
押しが弱い=割と他人に引っ張られるタイプ

1.家庭的かつ押しが強い男性
2.家庭的かつ押しが弱い男性
3.非家庭的かつ押しが強い男性
4.非家庭的かつ押しが弱い男性
私が考えるに、1から4の順番で売れていくのではないか、と。
(2と3は多少前後するかもしれませんけれど)

私の同期で売れている男性は、まだ1群のみですね。
私の予想では、
・新入社員気分がおさまった頃(20代前半~後半)に1群が結婚に持ち込む
・入社後しばらくしてゆとりが出てきた頃(20代後半~30代前半)に2群が結婚に持ち込まれる
・かなり遊んでそろそろ飽きてきた頃(30代前半~半ば)に3群が腰を落ち着ける
・4群はマイペースな結婚をするだろうから時期はわからない
という感じ。

どんなタイプをもってして「よい男性」とするかは個々人の好みなので一概には言えませんけど、「それなりに稼ぎがあって、それなりに諦めがよいタイプ」をよい男性とするならば、「よい男性から早く売れる」にも一面の真理があるかもしれません。

もっとも、「よい男性から早く売れる」のではなく、「結婚によってよい男性になったのだ」説もあるので、鶏と卵的議論なのかもしれません。

ちなみに、どうでもよいことですが、私がよい男性と思うのは2群です。

でも、こんなに先が見えない時代に、躊躇いなく結婚ができるなんてうらやましいなあ。
[PR]
by milk-bisco | 2006-11-10 23:14 | 雑感

奢り奢られ

最近は、何やかや慌しく、友人のブログもチェックしていないのに、
たまに全然知り合いでも何でもない女性のブログをチェックすることがあって、
自分とまったく異なった価値観に刺激を受けたりしています。

と言えば、聞こえはよいのですけれど、
有体に言えば、それにむかつき、発奮したいだけ。
最近、物事に対する意欲の減退が著しいので。

さて、ところで、
その類のブログを読んでいて思いついた話題などを少し。

例題。

あなたは、30歳、独身女性。
仕事にやりがいを感じているけれど、それだけでは物足りない、
やはりそろそろ結婚したい、と運命の相手を探しているところです。
容姿にはそれなりの自信があり、自分を高める結婚をしたい、と考えています。

さて、何度か会う機会があり、心憎からず思っている男性と、
ちょっとお洒落なフレンチレストランでデートをすることになりました。
知的で優しそうな雰囲気、経済力もそれなりにありそう、とまずまずの査定。
ところが、食事が終わった途端、席上で、きっちり食事代の半額を請求されました。
周りは、「女性にその場で割り勘を求めるなんて…」という眼差しでこちらを見ています。

あなたは、再び、この男性とデートの機会を持ちますか?

こういうのって、世の女性の大半が「あり得ない!!!」と叫ぶところなんでしょうね?
私が上記例題を思いつくきっかけとなったブログでは、かなり御立腹の御様子でした。
女性はデートのために洋服・メイク(=綺麗)にお金をかけているのだから、男性が食事代ぐらい持つのが当然、ということのようです。

私は、貸し借りを作るのがあまり好きではないので、割り勘派。
(でも、相手の呼び出しにしぶしぶ応じた場合は割り勘はちょっと…と思わないでもないかな…)
そして、「あり得ない!!!」と叫ぶ女性に対しては、正直あまりよい感情を抱きません。

島田紳介さんが、以前、「借金を頼みに来る奴の何が嫌かって、『こいつなら××円頼めるな』と勝手に他人を査定するところ」とおっしゃられるのを見て、大変面白く思ったのですが、上記「あり得ない!!!」と叫ぶ女性に対しても、それと同種のいやらしさを感じてしまうんですよねえ。

奢ってくれるとかエスコートしてくれるとかよりも、もっと見るべき点はあるだろう、と。
そういうところでチェック入れるなんて、ちゃっかりしていると言うか、さもしいと言うか、とにかくこう…ぎらついたニキータっぽい感じで、あまり好きじゃないんですよ。

でも、そういう考えをしていると、女性としては損をすることが多いこともまた事実。
たおやかに振舞う女性のためなら多少の金を払うのも苦にならない、と思う男性が多数派なんでしょう。
女性としての幸せを追求するなら、綺麗さを保ち、金払いのよい男性を捕まえることが一番なんでしょう。
それがわかっているからこそ、その種の女性の価値観に触れることによって、発奮することができるわけですよ。
変な理屈だと自分でも思うんですけどね。
(まあ、自分にはそれを実行できる容姿も色気もないってことが大きいですけどね!)

でも、最近、他人様の言動に対する興味がぐんと減ったので、
(所詮他人は他人、という気持ちが年々強くなっているようですな)
そういうカンフルもあまり効かなくなってきたかも…。

ちなみに、私が考える奢り奢られのマナー。
(双方に収入があるまたは双方に収入がない場合限定)

・お会計は男性がすっぱり払うべき
・もしも割り勘にしたければ(そう思うのは男性の場合も女性の場合もあるでしょう)
 男性は、お店を出てから徴収(あくまで控えめに)
 女性は、お店を出てからお支払(これまたあくまで控えめに)

そうすると、男性の面子も立つし、割り勘も実行できるし、何かと角が立たないのですよ。
例題の男性は、テーブルに着いた状態で請求した点がいけませんでしたね。

もっとも、男性からあまり堂々と割り勘を要求されると、いたたまれなくなる、というのはわからなくもありません。
もう随分昔のことになりますが、お付き合いの申し込みをされたとき、「僕と付き合った場合は割り勘」と宣言されて、ドン引きしたことがあります。
最初からお支払するつもりでしたから、「そんなことをわざわざ言わなくても」と余計あっけにとられました。
(目上の方でしたし、私より格段に裕福そうだった、ということも影響していますけど)
その…やっぱり男性の面子と言いますか…、ちょっとぐらいは見栄を張ってもらわないと、こちらとしてもどう気を遣ってよいのかわからなくなりますね。
ただ単に下に見られていただけかもしれませんけれど。

私の考えでは、
男性に対して「あなたは偉い」と思わせるのがよい女性。
女性に対して「あなたは可愛い」と思わせるのがよい男性。
対等でいながら面子を保つ/保たせるには、
・男性が先にぱっと払い、女性が後からそっと差し出す。
・男性は「いやいや、いいですよ」と断り、女性が「それでも」と言ったところで、申し訳なさそうに受け取る。
そんな感じが理想です。
[PR]
by milk-bisco | 2006-11-02 02:11 | 雑感

大したこと書いていない、単なる日記です(・c_・`) 。 馴れ合いに至らないコメント、大歓迎です。
by milk-bisco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<空>